人間関係のもつれを理由とした看護師転職について

看護師転職は、人間関係のもつれがきっかけになることがあります。看護師は、患者に対して、それぞれの熱意を胸に秘めて日々の業務に取り組んでいます。職場内の他の看護師がおこなっている業務内容を垣間見ることで、納得のいかない対応や満足できない内容については、相手の看護師に注意を促します。これが、上司と部下という命令系統の中で粛々とおこなわれているのであれば問題はありませんが、陰口をたたいてみたり嫌がらせといった行為に及ぶことがあります。職場内での人間関係の摩擦は、看護師同士のみならず、医師をはじめとする医療スタッフとのあいだでも発生します。医師の医療に対するとらえ方について納得がいかず、それに基づく看護業務に疑問を感じながら過ごすこともあります。看護師転職は、転職に踏み切るだけの患者への思いの強さが根底にあります。話し合いの機会を持つことすらも難しい場合は、看護師転職という選択肢をとらざるを得ませんが、人間関係がこじれる中での看護は、少なからず患者に良い影響を与えることはありませんので、早期解決が求められます。