看護師転職における不採用になる理由について

看護師転職の際に、不採用になる応募者の共通点がみられます。看護師転職の採用試験の多くは、面接によって選考されます。その席上で、転職の理由について問われます。これまでの職場において、人間関係がうまくいかず、医師やその他の医療スタッフとのコミュニケーションを図ることに苦慮してきたことを理由に挙げることがあります。また、勤務形態における不平や、十分な給与をもらえなかったことに対する不満を訴えることもあります。これらは、全て自己都合の範囲内で判断している内容にほかならず、前向きな転職理由とはいえないことから、不採用と判断されます。看護師転職は、あくまで自身のスキルアップを目的とします。転職先も、前職場とは異なる環境や取り組み方が待ち受けています。それに上手く順応することができるかどうかを、面接によって確認することになりますので、不平、不満にとどまっている以上は、不採用の可能性が高まり、採用後も同じことを繰り返す恐れがあると判断されます。